オールインワンジェルにも欠点がある!その3つの欠点とは

オールインワンジェルは手間いらずのスキンケアアイテムだから使いたい!と、思われる方がほとんどでしょうが、これが欠点となってしまうことがあります。それはいったいどんなことなのでしょうか。

万年乾燥肌に悩んでいる方には保湿力が足りないことも

よく言われていることが、化粧水という水分だけをたっぷり含んだ液体をつけない(実際にはオールインワンジェルに含まれているのですが)ので、常に乾燥肌で悩んでいる方やアトピー肌で悩んでいる方には保湿力が足りないと感じることもあります。

しかし、そういった欠点を今はカバーしているオールインワンジェルもたくさん出てきており、乾燥肌の方でも満足して使っていただいているので、口コミなどをチェックしつつ、乾燥肌にも保湿力が不足していないオールインワンジェルを選ぶと、この欠点もカバーしてくれます。

オールインワンジェルの種類が多すぎる

これはメリットでもあるのですが、欠点ともなる部分です。それが、あまりにもオールインワンジェルの種類が多すぎるということです。
そんなに美容成分に詳しくない方にとっては、どのオールインワンジェルも同じに見えてしまい、どれが自分に合っているのかわからないのです。

商品が豊富にそろっていることはうれしいのですが、豊富にそろいすぎているからこそ、消費者にとっては選びにくく、なかなかオールインワンジェルを利用したくてもできないということがあります。

ポンプ式でないとお肌のトラブルの原因にもなる

オールインワンジェルの場合、基本的にほとんどの商品が、バータイプのケースに入っていることがほとんどで、直に手や指を入れてジェルをとることになるので、ジェルに汚れが入りやすくなり、その汚れによって肌トラブルを起こすこともあります。

ですので、できれば、常にフレッシュなジェルを肌につけられるように、そして、ジェル自体を清潔に保てるよう、ポンプ式のものを選ぶことがおすすめです。